牛乳・乳製品料理実習(講習会)の実施にあたっての留意事項等

1.牛乳乳製品料理講習会を実施するにあたって下記に留意してください。

  1. 静岡県牛乳普及協会の主催として実施すること。
  2. 講習会では、牛乳・乳製品の栄養・調理特性、健康への働き等の知識や食生活での役割などについての学習時間を必ず設けること。
  3. 実施にあたり牛乳・乳製品の消費拡大に効果の上がる地域を選定し開催すること。
  4. 委託契約書第4条の委託費において、原則、10ヶ所以上の開催をしてください。
  5. 一回あたりの規模はおおむね30人以上とすること。
  6. 材料費等(会場費、会場設営費、材料費、消耗品費)は、受講者1名あたり600円を上限とする。
  7. 牛乳乳製品の使用量について講習会用テキストを参考にした献立とする。(量に注意)
  8. 実施計画書(様式一般第1号)を開催の20日前までに提出すること。
  9. 実施後は、実施報告及び経費請求書(様式一般第2号)を提出すること。
    捻出にあっては、次の証拠書類を添付すること。ア. 参加者の住所、氏名を記載した名簿。
    イ. 料理作品の献立表。(牛乳・乳製品の使用後は、必ず、明示のこと)
    ウ. 実施状況の写真数枚(牛乳乳製品料理講習会・静岡県牛乳普及協会主催を背景
    但し、補助事業のため、写真代は、請求不可。
    エ. 諸経費については、支払相手先が発行した請求書を添付のこと。<下記事項に留意>
    ◇ レシートを可とするが、印字明細ごとに品名をメモ書きすること。
    ◇合計された領収書の場合は、材料・数量・金額のわかる明細票を添付のこと。
    オ. 代金振込先を明記してください。
    (金融機関名、口座No.、グループ名、代表者住所、氏名)
  10. 特定団体及び企業に利益を与える行為を行わない。

2.費用科目別用途等は、次表を基準とします。

項目 備考
1.講師、助手謝金 講師1人当たり10,000円以内、助手8,600円以内(旅費日当含む) ※ただし、10,000円は10%の源泉徴収を含む金額とする。
2.会場費 会場借料、水道光熱費、電力費。
3.会場設営費 看板・調理用具等レンタル料(器具の購入は不可
4.材料費 牛乳・乳製品含む材料費。
5.消耗品費 割り箸、紙皿、ナプキン、ごみ袋、楊枝、洗剤等

3.この事業は、平成27年2月28日までに修了するよう務めること。